町並み漫歩館トップページ 有松 時期:1985年5月11日
場所:愛知県名古屋市緑区有松町(当時)


名古屋から名鉄電車に乗り換えて、わずか30分たらず。
たどり着いた有松は、不思議な静けさに包まれた町。そして、いにしえの時間が流れる奇跡の谷間。旧東海道沿いにどこまでも続く古い家並みが、美しい景観を形作っていた。
昔から、絞り染めの“有松絞り”が有名で、創業元禄年間と言う看板を下げた店もある。あの十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にも登場し、いたずら好きの弥次喜多の二人は、ここの大店をさんざん冷やかした末に、小さな絞り布を買っている。
通りの中でもひときわ偉容を誇る建物は、写真の井桁屋。
ダイナミックな卯建(うだつ)といい、堂々としたなまこ壁の蔵といい、時代劇のセットも真っ青の重厚さだ。間違いなく、この町を代表する景観といってもいいだろう。髷を結った番頭さんが中から出てきても、何の違和感もない。
ここはどこ、私はだれ…? まるで、時間旅行者になったような気分だ。

マップ

近付いて見れば見るほど、見応えのあるのが井桁屋の卯建(うだつ)。
防火上の工夫とは言いながら、立派な装飾になっている。どこか鎧武者の兜の錣(しころ)のようにも見えるのだ。

絞り卸商竹田家の土蔵は、実に堂々としている。分厚い扉の窓には、さらに頑丈そうな鉄格子。少々の火事や泥棒には、びくともしそうにない。商人の財力というか、執念のようなものさえ感じさせる。
それにしてもスケールといいデザインといい、ここは豪壮な建物の多い町だ。

山形屋善兵衛家の“馬留めの輪”。むかしはここに、馬をつないだのだという。
荷駄が頻繁にこの町を行き来した時代の名残だが、むろんいまは錆びたまま使われることはない。

銀行の駐車場も、この町に相応しい顔をしている。これがスチール製のフェンスだったら、むろん台無し。
伝統的な町の景観は、官民協力して守って欲しいものだ。

緩やかに左右にうねる旧東海道。
道幅は意外に狭く、車の往来も少ない。かつては絞り染めの店々で賑わい、多くの旅人が行き交ったこの通りも、今は静かなもの。往時の面影を残す家並みだけが、延々1キロほど続いている。

裏通りですれ違った、老婆が一人。他に誰も人影はない。ひどくゆっくりと時間が流れ、ひどくゆっくりと老婆の押す荷車の車輪が回転する。おばあさん、ここは何という名前の通りですか…?
 
この後、町のはずれまでぶらぶら歩き、さらにそのまま隣の駅まで歩く。着いたところは「桶狭間」。え、本当にここが…?
あの織田信長が今川義元の首を上げたという有名な古戦場は、いまでは駅前のきれいな公園になっていた。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.