町並み漫歩館トップページ 足助 時期:1985年5月12日
場所:愛知県東加茂郡足助町(当時)


東岡崎の駅前から、客のいないバスに1時間ほど揺られて着いた山間の小さな町、そこが足助。中馬街道沿いに細く長く伸びた、鄙びた集落だ。紅葉の名所・香嵐渓に近く、足助川が町のすぐ背後を流れている。
もう初夏なんだなあ…。そう呟きたくなるほど、あたりの山々を覆う新緑の色は濃い。そこから漂うむせ返るような栗の花の匂いが、すっぽりと町全体を包んでいる。

通りでふと見つけた夢のような本屋は、マンリン書店。
堂々たる蔵造りの建物に、「典籍」と大書された看板が、通りを睥睨しているよう。「本」という箱形の看板のデザインも格好よく、なにかこの町の歴史が凝縮されたような趣の本屋だ。さて、少年はひとり店先で何を読む…?
マップ

鮎の甘露煮の定食で昼をすませた後、ぶらぶらと足助の町を歩く。
狭い道の両側には、旅籠風の古い家々が続く。舗道の照り返しが、まるで強烈なアッパーカットのよう。今日は顔がヒリヒリするほど暑い日だ。

白壁の蔵を見るなら、晴れた日に限る。今日は“蔵見日和”とでも言うべきか。うーん、まったく良い季節に来たものだ…。
噂のマンリン小路は、両側を高い白壁の土蔵に挟まれた、谷間のような小道。
傾斜のきつい坂道を登ると、汗がどっと噴き出した。一歩踏み出すたびに、異次元の世界に入って行く気分。もっとも、子供が駆け下りるには、ちょうど良い坂だろう。

足助川沿いにどこまでも続く中馬街道。
「中馬」とは、馬による物資輸送のこと。かつてこの道を黙々と、塩俵を積んだ荷駄の列が信州へと向かったことだろう。左の豪邸は小出家。

「左せんこうち(善光寺)、右ほうらいち(鳳来寺)」と彫られた道標。
弘化2年のものだとか。さらに下の方にも文字があるらしいが、モルタルで塗り固められていて読めない。良いのかなあ、こんなことして?
信州方面への「塩の道」として知られる中馬街道(伊奈街道)と、鳳来寺方面へのルートの、分岐点にあたる足助の町。往時は物資の中継地として、宿場町として、大いに栄えた歴史を持つ。山間の小さな町には不似合いなほど、見事な土蔵が多いのはそのせいか…。

山間を流れる清流、足助川。その川沿いに、細長く伸びた町が足助なのだ。
釣り好きの人が住んだなら、毎日が天国だろう。だが、大雨の日はちょっと怖い。こんな場所にこんな町が存在していること自体、少し不思議な感じだ。

かつての宿場町の名残なのか、せまい通りには数軒の古びた旅籠が、いまも残って営業を続けている。
この三島屋は、中でも風情のある建物の一つ。軒下の看板の文字が読めないほど、年季が入っている。ちょっと泊まってみたい気もするが、一泊いくら程度なのだろう?

五月の日差しはちりちりと強く、古びた土蔵の白壁がやけに眩しい。足助川で魚を釣るオヤジの白いシャツの背中も、びっしょりと汗に濡れているようだ。ここでは、いったい何が獲れるのだろう。
さて、これからどこへ行こうか…。呟いてはみたものの足助の家並みはやがて尽き、その先は無人の細い道が続いているばかり。道を尋ねる人影も見つからず、結局、来たときと同じガラガラのバスで、黙って山を下りるしかなかった。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.