町並み漫歩館トップページ 越前大野 時期:1993年4月18日
場所:福井県大野市


人は桜の咲く季節になると、どうして心が落ち着かなくなるのだろう。春の陽気に誘われるように、またフラフラと旅に出た。
大垣からの北陸本線で福井に着き、県庁のある福井城址の満開の桜を堪能した後、越美北線の1輌しかない電車に乗り換え、やって来たのは北陸の小京都と言われる越前大野。

ここは、金森長近が天正4年に築城して以来の城下町。観るべきものの多い歴史の町なのだ。また湧水にも恵まれ、市内には透明で冷たい水をたたえた泉や水飲み場が、いくつも点在している。
昼食にジャンボいなりを3個食い、休む間もなく苦しい腹を抱えながら、七間通りを歩く。
花曇りの空の下、朝市で有名な広い通りには、良く手入れされた町家が静かに並んでいた。通りはどこまでも一直線。ここは城下町には珍しく、京都に模して碁盤目状に区画されているので、歩きやすい町なのだ。
マップ

表通りを歩いても裏通りを歩いても、この町では迷うことはない。
碁盤目状に整備された通りは、南北に走る通りが一番、二番などで、東西の通りは六間、七間などと名付けられている。実に分かり易い。

七間通りと四番通りの角にある南部酒店。
この通りでひときわ偉容を誇る建物だ。蒸し暑い日に、店先の氷の彫刻が心憎い。こんなサービスをしてくれる酒屋なら、きっと良い酒を造っているのだろう。

大野の町では、至るところ桜が満開。北陸の開花は、やはり東京よりかなり時期が遅いようだ。
この後、“越前の太守”と呼ばれた朝倉義景の墓所を訪れる。織田信長に本拠地・一乗谷を攻められ、逃げのびた義景はこの地でついに腹を切ったのだ。あわれな男の墓の周りでは、盛大な花見の宴が開かれていた。

コンクリートで復元された大野城天守閣から、春霞のかかった城下を眺める。
下の方では満開の桜も、山上ではまだ一分咲きというところか。霞の向こうの山々は、まだ雪が目立つ。

城下町の東端を南北に伸びた通りは、古い寺々がずらりと並ぶ寺町だ。越前は伝統的な浄土真宗の王国。「親鸞上人の講話」などという張り紙があったりするのも、土地柄を表している。ナマンダブ、ナマンダブ。
この寺の門前に建てられた半月形の石塔には、「三界萬霊等」と刻まれている。三界(俗界・色界・無色界)のすべての霊を集めて供養するものらしいが、何となく有り難い形をしている。 

陽が射してきた寺町界隈をひとり歩くと、全身が汗ばんでくる。
驚くのは、どの寺もあでやかな桜の古木を持っていること。それも、真っ盛りの花びらを、これ見よがしに枝に散りばめた桜ばかりだ。それらの花の色が、モノトーンの世界の中で、妙に艶めかしく見えるのはなぜだろう。

それにしても、この町で出会う北陸の女性達は、誰もみな気さくで親切だ。これも人徳のせいなのか。やはり旅先で道を尋ねるのは、女性に限るね。
最後に市立の歴史民俗資料館に入り、展示場を観て回る。
一巡りして、ミュージアムショップで土産物などを物色していると、なんと店の女性が御茶を点て、「けんけら」という地元名産の御菓子と共に出してくれた。うーん、これが実に美味! おまけに相手は妙齢の美人じゃないか。ああ、もういつ死んでもいい…。
この嬉しい想い出と、つい買ってしまった「けんけら」を土産に、このあと爽やかに大野を離れたのだった。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.