町並み漫歩館トップページ 郡上八幡 時期:1993年4月19日
場所:岐阜県郡上郡八幡町(当時)


夏の郡上踊りで有名な郡上八幡にバスで着いたのが、昨日の夕刻のことだった。
おりしも町は春祭りの真っ最中。全国から観光客が訪れる夏に比べ、春は地元の人だけのささやかな祭りらしい。小さな山車や太鼓の音が通りを練り歩き、山間の夕暮れは華やかな雰囲気に包まれていた。
その夜の宿で観たテレビのナイター中継、中日・ヤクルト戦は、東京ではまず見られないカード。

一夜明けた裏通りには、まだ昨日の余韻がかすかに残っている。
そのままになった神社の幟や、「春まつり」と大書された横断幕。路上に散った桜の花びらも、まだ掃き清められてはいない。
どことなく、祭りの後のけだるさを感じさせる光景だが、雑然とした中にも古い町に住む人々の生活感が、空気中に漂っている。不思議な静けさ、不思議な親密感。やはり春なんだなあ…。
マップ

山に囲まれ川に恵まれたこの小さな城下町は、静かに暮らすには最適なところかも知れない。川沿いの家々がみな城のように見えるのも、この町の豊かさのひとつの表れなのだろう。
金さえ有れば、のんびりと長逗留するのだが。

郡上青山藩4万8千石の城下には、至るところに湧水の飲み場がある。ここは水の豊かな土地なのだ。飲んでみると、東京の塩素臭い水道水に比べても、格段にうまい。これは長生き出来そうだ。
おまけに町中、満開の桜。最高の季節の最高のもてなしに、心から感謝したい!

鮮やかな色の柳の新芽が吹き出した、新町通りの路地「やなかのこみち」。水路や噴水が楽しい、魅力的な石畳の散策路だ。
ふと入った民芸店「おもだか家」のおばあさんから、お茶とお菓子をご馳走になり、お返しに「うるか」の瓶詰めと、地元在住の女性詩人による詩集を買う。中身は素朴な生活詩で、自費出版らしい。

「やなかのこみち」の周辺には、小さな美術館やギャラリーもあって、文化的なムードが漂う。
こんな町に住んで、コツコツささやかな創作活動を続けながら、生きて行けたらどんなに幸せなんだろう…。ふらり訪ねた斎藤美術館の「水琴窟」の音を聞きながら、ふとそんなことを考えた。

これはびっくり。「郡上名産 くま肉」と染め抜かれた旗の掛かった鮮魚店。この辺りでは、熊の肉が普通に売られているのだろうか。
日本列島、狭いようで広い。窓のガラスには他にも、「志し肉」「志か肉」などと書かれた札が貼ってある。 

この町の路地には石畳がよく似合う。小駄良川の橋の周辺の景観は、まるで映画か舞台のセットのよう。石垣の上の家並みといい、しだれ柳の枝振りといい、俗っぽささえ感じさせるほどぴたりとハマっている。
これが偶然の産物だとすればそれはそれで面白いが、火曜サスペンス劇場ならけっこう良いシーンが撮れそうだ。
ちなみに柳の下の祠は、「宗祇水」という湧水を祀ったもの。

岐阜に向かう帰りのバスの車中で、パラパラと「おもだか家」で買った詩集をめくり、読む。
おばあさんお奨めの本だが、作者の女性の生活の中での喜怒哀楽が、吐息のように綴られている。どの土地で生きても、やはりそれぞれに苦楽はあるんだね。こんな土産が、たまにはあっても良い。
『ふるさと道』と題されたその小さな本が、これからも郡上八幡の風景を、いつまでも思い出させてくれるだろう…。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.