町並み漫歩館トップページ 稲荷山 時期:1996年5月20日
場所:長野県更埴市稲荷山(当時)


稲荷山は電車で行くには不便な町だ。なにしろ、最寄りのはずのJR信越本線の屋代駅からも、恐ろしく遠く離れた位置にある。昨日は甘く見たのが大間違いで、えらく歩かされてしまった…。
とにかく、駅に着いたのが夕方の6時半。
それから、市街地を抜け千曲川に掛かる橋を渡り、延々歩くこと約30分。薄暮の稲荷山の町にたどり着いたときには、とっくに午後7時を過ぎていた。
さすがにこれは脚に来る。泊まったホテルに温泉の露天風呂がなかったら、とても救われないところだったね。はぁ〜。
 
翌日の朝はどんよりとした空模様。
「蔵の町」と呼ばれる稲荷山は、人影の少ない田舎町だ。車の数がやたらに多いのは、やはりそれが生活に欠かせないからだろう。重厚な造りの蔵がいまも多く残るのも、この町が鉄道の路線から外れ、かつての繁栄を失って衰退した歴史を物語っている。
マップ

裏通りに様々な蔵が点在する稲荷山。上杉景勝の築いた城下町として生まれ、後に宿場・商業地として栄えたという。
「土蔵の路」には、漆喰壁やなまこ壁の豪壮な蔵が、胸を張って建ち並んでいる。

この立派な門構えの整骨院は、かつての本陣だという。骨折くらいは、すぐに治ってしまいそうな頼もしさだ。
中で治療する人が、チョンマゲを結っていたら面白いのだが。

道路を跨いで立つ巨大な鳥居。
扁額には「治田神社」と書かれているが、どこにも社殿などが見えない。たぶんこの道の遙かな先に、とてつもなく豪華絢爛たるお社があるのだろう。うーん、ちょっと見てみたい。

信州の山々も白く霞んで見えるほどどんよりとした空。
が、暑くはない。蔵を訪ねての裏通りのぶらぶら歩きには、こんな日もまた相応しいのかも知れない。

土壁に刻まれた子供の落書き。みえこ、ひろき、みつこ…、いまはどんな大人になったのだろう。
都会ではもう見られなくなった、懐かしい風景がここにある。どこかから、子供の声が聞こえてきそうだ。

細い路地裏の薄暗い空間にも、「蔵の町」の情緒が漂う。何と言うこともない生活のための小路だが、毎日ここを行き来する人々の姿や、走り回る子供達の足音が、なんとなく伝わってくる。それはきっと、この空間と同じ色の陰翳と優しさに包まれているのに違いない。
懐かしい匂いの時間が、ここには静かに流れている。
 
午前10時半頃、稲荷山を発つ。
だが、そのためにはまた屋代駅に戻るしかない。やれやれ、だ。歩くのは嫌だし、バスを待つのも億劫なので、思い切ってタクシーに乗る。
昨日30分歩いた道が、帰りはわずか5分。あっという間に駅に着いた。まこと、車とは便利なものだと実感する。反面、稲荷山に住む人たちは、さぞ鉄道のない不便さを感じていることだろう。
もっとも、もしずっと昔にここを鉄道が通っていたとしたら、町の歴史も景観も、ずいぶん今とは違ったものになっていたはずだが…。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.