町並み漫歩館トップページ 角館 時期:1989年4月26日
場所:秋田県仙北郡角館町(当時)


映画『思えば遠くへ来たもんだ』の舞台となった角館。
主演の武田鉄矢扮する熱血教師の活躍は、いまも記憶に残っている。マドンナ役のあべ静江や熊谷真実も、可憐だったなあ。そういえば、乙羽信子や植木のダンナも出演していたっけ。
あの頃は何となくぼんやりと、北国の遠い古都のお話と思っていたのだが…。
 
大曲から田沢湖線で秋田の小京都・角館に着いたのは、午後1時頃のこと。
それにしてもわずかな距離なのに、特急料金が恐ろしく高い。どうみても、これは暴利だ。列車の本数の少なさを、料金でカバーするつもりなのか。
「くそ、覚えておれJR!」とひとり憤慨しつつ駅舎を出て、気を取り直し町なかへと向かう。15分ほど歩くと、見事な武家屋敷が建ち並ぶ表町に着いた。
マップ

芦名・佐竹両家の城下町として花開いた角館は、藩が戊辰戦争のとき官軍側についたお陰か、美しい家並みを焼失することもなく今に残している。
奥羽諸藩に攻められ戦況が悪化した際には、肥前鍋島藩を始め多くの九州からの援軍がこの地を守った。戦死した西国の兵士たちはいまも、この町の官軍墓地で篤く弔われているのだとか。様々な歴史を経て、角館のいまの姿があるのだね。

それにしても、この青柳家の文庫蔵は美しい。間違いなく“日本の名蔵ベスト10”に入るはずだ。

内部を公開している家の多い武家屋敷群。
鬱蒼とした感じの小田野家の庭は、何やら森の中の一軒家といった風情だ。さぞや夜は恐ろしかろう…。

どの屋敷も、競うように見事な蔵を持っている。
その大きさ、美しさ…。施された彫刻や屋根を支えるディテールの巧妙さには、どれも感心するばかりだ。色んな意味で、ここが豊かな藩だったことが偲ばれる。

豪壮な屋敷が並ぶ通りから少し奥に入った裏道に、小ぢんまりと遠慮がちに立つ松本家。ここは下級武士の住居だとか。
この辺りに来ると団体の観光客の姿もあまり無く、一人歩くととても得した気分になる。やっぱり旅はこうでなくちゃ。

松本家の中ではただ一人、作曲家の小林亜星によく似た主人が、黙々とイタヤ細工という木製品を作っていた。なかなかのナイフさばきだ。でも、ちょっと不機嫌そう。
他に客もいないので激励の意味を込め、まだ出来たばかりのキツネの人形を1個買う。少しは喜んでもらえたかな?

広い庭、鬱蒼とした巨木──。
黒板塀に囲われた表町の古い屋敷はどれも、寡黙な北国の武士のように凛として立っていた。そして生きていた。ここはいまも、人々の住む生活の場なのだ。
電柱も看板もない。研ぎ澄まされた日本刀の刃のような時間が、ゆっくりと静かに流れるまち。そんな角館は間違いなく、現代の日本でもっとも優美な姿の家並みを持っている。
惜しいことに武家屋敷通りの枝垂れ桜は、すでに盛りを終えていた。その代わり、桧木内川堤の桜並木がちょうど満開。やったね!だ。
流れに沿って湾曲した土手の上を、ピンク色の雲の列が延々と続く。得した気分でその雲の中を歩く。まさに絶景だが、花見客の姿が今ひとつ少ないのはなぜだろう?

3時54分発の盛岡行き特急に乗るため、角館駅に戻ってくると、狭い改札は下校の高校生たちで溢れていた。
青臭い東北弁が、ガヤガヤとひしめき合い行き交う。しかし、こんな所でナマの東北弁を聞くと、小さな感動と、やはり「遠くへ来たもんだ」と言う感慨を覚える。なんたってこれ、本物の東北弁なんだもの!


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.