町並み漫歩館トップページ 喜多方 時期:1984年9月2日
場所:福島県喜多方市


磐越西線の各駅停車に乗り、会津若松から喜多方に着いたのが、昨夜の午後7時頃だった。
ビジネスホテルで一泊した翌日の朝は、穏やかな薄曇りといったところか。ときどき日が射したりする空模様が、どこか思わせぶりなのだ。何はともあれ、ホテルの朝食を腹いっぱい胃袋に詰め込み、9時半頃街に出る。

「蔵の町」といえば栃木や川越が有名だが、その上に「会津の」が付くと、出てくる名前はまずここ喜多方。
なにしろ、町中に2千から3千の蔵があるというから驚く。明治13年の大火をきっかけに、競うように建てられたというそれらの蔵は、まるで建主の自己主張を代弁するかのように、実に様々な顔をしている。町中が蔵のミュージアムといっても、過言ではないほどだ。
市街地の北にある甲斐本店は、驚くほど大きな屋敷。
有料で内部を公開しているが、豪華な黒漆喰の蔵に広い庭、テープでの案内もあれば点茶もあって、おまけに土産物まで売っている。どこまでも豪気な商家なのだ。ああ、お金持ちは羨ましい。
マップ

南町通りには、様々な店蔵が立ち並ぶ。
漆器や味噌・醤油、酒などを商う店々はそれぞれ特徴があり、それらの建物をぶらぶら眺めるだけでも、この土地の豊かさを味わうことが出来る。

どこまでも続く、巨大な島新商店の蔵。
ひんやりとした木々の影とかすかに漂う古い建物の匂いが、この空間を懐かしいセピア色に染めている。ここはまるで横溝正史の世界だ。

おお、日本が開発した世界初の木製ロケットが道端に…。その正体は、なんと下駄の塔。こんなとこに、こんなものがあるなんて!

会津は桐の産地。箪笥や琴、下駄など伝統工芸品の店が、町のあちこちに点在する。2階を資料館にしている店もある。そう言えば気のせいか、空き地には桐の木も多いようだ。

一寸の虫にも五分の魂──。巨大な蔵に挟まれるように立つ小さな蔵造りの店、その名は「歴史商店」。
しがない煎餅屋さんらしいが、あまりに気宇壮大な名前に感動して、思わずシャッターを押す。

裏通りの住宅街にも美しい蔵が…。住居として店として、蔵はいまもこの町の生活の中に活きている。

喜多方のもう一つの顔が「ラーメンの町」。昼食に入ったラーメン店では、地元の客に負けぬよう、奮発してチャーシューメンを注文する。ま、こんな所で見栄を張る必要もないのだが…。しかし、太い麺にこってりした醤油味のスープは、けっこう満足感があったね。

町を歩けば、至るところ蔵に出会う。
中でも目立つのが煉瓦造りの蔵で、明治30年代に岩越鉄道(のち磐越西線)の工事需要を見込んで、近郊の三津谷に煉瓦工場が出来てから、この地方に煉瓦造りの建物が増えたという。
特に圧巻なのは、ここ若喜商店の蔵だ。
日本瓦の屋根にがっしりした煉瓦の壁という、和洋折衷の不思議なデザインが決まっている。おまけに堂々たるバルコニーもあり、ハイカラ度は抜群なのだ。その昔、大事なお客などが来たときは、店主がここに案内し自慢の庭を見せたりしたのだろうか…。

不機嫌な空はなかなか微笑んではくれない。午後になって時折、雨がぱらつき出す。仕方なく蔵造りの寺、安勝寺の本堂の庇に逃げ込み、しばし雨宿り。
雨の降る中、広い境内に時々急に日が射したりするのを、ぼんやり見つめながら時間を過ごす。それにしても妙な天気だ。どうやら今日は、“狐の嫁入り”の日だったのか。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.