町並み漫歩館トップページ 熊川 時期:1986年10月11日
場所:福井県遠敷郡上中町(当時)


気持ちよく晴れた秋空──。
小浜駅前を11時30分に発った路線バスは、若狭街道を東に向かって快適にひた走る。しばらく行くと道は深い緑に包まれ、窓の両側に山影が幾重にも重なるようになった。ずいぶんと山の中へ来たものだ。
ここはかつて“鯖街道”とも呼ばれ、古くから若狭湾で獲れた海の幸を、京の都へ送る動脈として活躍してきた道。しかしこの様子では、往時は暗くなると山賊などが横行したことは、想像に難くない。おお、こわ〜!
もっとも、その若狭街道もいまでは国道303号線。道路だけはきれいに舗装され、かつての山道の面影はない。

今度の目的地は、かつてその宿場の一つとして栄えたという熊川。だがどういうわけか窓の外には、どこにもそれらしい集落が見当たらない。バスは無情に、人気のない道を突っ走るばかりだ。
仕方なく、この辺りだろうと見当を付けた停留所でエイヤッと下車。少し不安を抱えつつそこから5分ほど歩き、偶然見つけた一軒の駄菓子屋で、ガムを買うついでに道を尋ねる。
答えは、一発正解! なんとその店のすぐ裏手に、新しい道路から取り残された旧若狭街道への入口があったのだ。う〜ん、これはちょっとミステリアスだよなあ。
おそるおそる歩を進めると、熊川宿の古い家並みと遠くの山々の緑が、静かに目の前に迫ってきた…。
マップ

人影も車もまるで見当たらない、旧若狭街道沿いの熊川宿の家並み。
国道303号のバイパスがこの集落を避けて開通したため、幸か不幸か、かつての宿場の姿がそのまま残された。

格子と水路の取り合わせが美しい勢馬家。旧問屋で屋号を「菱屋」という旧家だとか。
問屋は、物資の継ぎ立てや資金の賃貸、人足・馬方の出入りなど、宿場の経済的中核を担っていた。この家は代々、熊川宿のかつての繁栄を支えた実力者だったのだろう。

街道に沿って町なかを流れる水路は、かつて生活用水や牛馬の飲料水、防火用水として利用された。
水量は豊かで、山の宿場に相応しい音が絶えず流れる。雪解けの頃には、水音はさらに高くなるのだろう。いくつもの古い石橋が、その上を跨いでいる。この町の景観に潤いをもたらす、なくてはならないものの一つが、この水路に違いない。
 
熊川宿の起こりは、浅野長政が天正17年(1589)に、この地が交通と軍事の要衝であることから、諸役免除して宿場町にしたのが始まりだという。以来、40戸ほどの寒村が200戸を超えるような町となった。

埃だらけという印象の、問屋荻野家。
一階の格子に、つし二階の塗籠壁という取り合わせが、この家の歴史の古さとかつての壮麗さを思わせる。

この集落でも数が少ない茅葺きの家。農家なのだろうか、庭でおばさんが何かを干している…。
すぐ背後に迫った緑の濃い山々など、なんとものどかな風景だ。

「福助ミシン」の琺瑯看板も懐かしいタカゲン商店。いったい何を売る店なのだろう。つし二階、塗籠壁、虫籠窓にバッタリ(縁台)と、江戸期の商家の特徴を備えた建物だ。
この辺りは平入りと妻入りの家々が混在し、変化に富んだ景観を形作っている。こういう町を歩くのはやはり楽しい。
下の町から中の町そして上の町と、旧若狭街道沿いに約1.5kmに渡って続く熊川宿を歩き終えたのは、午後1時頃。山に囲まれたかつての宿場は、いまはすれ違う人もない静かな田舎の町だった。
それにしても遠景の山並み、清冽な水の流れる水路、そして緩やかにうねる旧街道と、町を形成する環境はどれもみな素晴らしい。こんな奇跡的とも言えるほど条件の揃った、熊川の伝統的な家並みを後世に伝えるのは、きっと現代人に課せられた使命なのだろう。

この後、町外れのドライブインで昼食のとろろ飯を慌ただしく掻き込み、1時15分頃の今津行きのバスに飛び乗る。今津からは湖西線で京都へ。青々とした琵琶湖を左手に見ながら南下する車窓の景色は、この旅の終わりを飾るに相応しい美しさだった。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.