町並み漫歩館トップページ 松阪 時期:1995年5月10日
場所:三重県松阪市


紀勢本線の電車の中で広げたスポーツ新聞には、「テレサ・テン死亡」の活字が一面を埋めていた。彼女の身に、いったい何が起きたのか…。どんよりと晴れた空が、熱を帯びた水銀のように地上を照らしている。
──松阪に着いたのは、そんな日の昼だった。

蒲生氏12万石の城下町は、言わずと知れた松阪牛で名高いところ。昼食に、駅前のレストランで食べた2000円の焼肉定食は、とろけるように旨かった。
幸せな気分でゆるゆると裏通りを歩き始める。目の前には、思いのほか奥深い家並みが静かに続いている。
まるで作り物のような松の枝振り、長い黒板塀に連続する格子の窓。白昼の幻を見るような、江戸時代の商家がそこにあった。

マップ

大通りの交差点には、こんな石の道標が。「左・さんぐう道(参宮)、右・わかやま道(和歌山道)」。参宮街道は伊勢街道とも言い、伊勢神宮へと続く古道だ。昔から多くの旅人が、ここを通ってお伊勢参りをしたのだろう。
旅は楽しい。おお、タモリの看板も笑ってらあ!

どうしても分からない。もう5月だというのに、この辺りの古い民家の玄関には、いたるところにまだ正月のしめ飾りが…。
まさか町中揃ってついうっかり、と言うわけでもあるまいし。これって、この地方の風習なの? 

二匹の龍がにらみ合う不思議なレリーフ。入口が左右に分かれているところを見ると、この妙な造りの建物は銭湯か?
そう言えば右の龍は猛々しく、左のはどこか優しそう…。

[※その後、読者の方から頂いたメールで、この建物が「宝温泉」という銭湯だということが分かった。
戦前はダンスホールとして、欧米文化を松阪の地に広めるのに一役買ったが、その後銭湯として転用されたのだとか。ただし残念ながら、2002年頃には解体されたようだ。]

松阪と書いて「まつさか」と濁らずに読む。あの三井家を始めとする、松阪商人の発祥の地として知られるが、いまでもさすがに豪勢な町家が多い。中でもこの志田家の黒漆喰の蔵は、やはり存在感がある。
が、それにしても暑い。花曇りと言うのか、空全体が白く発光しているような真昼の住宅街だ。

かつて松阪城の警護に当たった武士たちの屋敷だという「御城番屋敷」。槙の生け垣が美しい巨大な長屋だ。なんと、今も民間のアパートとして、一般の人が住んでいる。
内部は意外なほど広いが、家賃もまた意外なほど安いらしい。いいなあ、ここ。

日陰を選んで、オバさんが自転車でやってくる。家々の落としたひんやりとした影が、懐かしくも優しい小径を作り出す。
時間が止まったような魚町の午後。ここでは、住民と町並みが仲良く共生している。

町歩きの後、松阪城址に登る。汗が体中に噴き出す。高い石垣の上から城下の街を見渡しながら嘗めた、アイスクリームの味はまた格別だった。殿様の気分とはこのことだろうか。ああ、余は満足じゃ。
美しい家並み、濃い緑の影、そして至るところに流れる文化の香り…。松阪の街の全てには、ゆったりと時が流れている。今度来るときはぜひ一泊して、夜は安い牛モツ屋で一杯やりたいものだ。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.