町並み漫歩館トップページ 茂田井 時期:1987年3月22日
場所:長野県北佐久郡望月町茂田井(当時)


望月宿から中山道を西に30分てくてく歩くと、本街道から脇に外れた間(あい)の宿、茂田井に着く。小さな村なのに何故か驚くほど豪邸が多い。暖かな春の日差しの中に忽然と現れた、幻の集落とでも言うのだろうか。
通りに人影はない。そして、何処からともなく漂う酒の匂い。脚が自然に吸い寄せられて行く…。
なんだか、狐にでも摘まれてでもいるようだ。

しかし、この武重酒造の蔵のまぶしさはどうだ。緩やかにカーブした道に沿って続く、長い長い白壁。歩くごとに酒の匂いは、あたりに満ち満ちて行く。
気が付けば門の入口には杉玉にしめ縄。そうか、新酒の季節なのだ。冬から春にかけ、蔵人たちによって造られた酒は、樽に詰められ酒蔵の中で秋まで貯蔵される。
白壁の向こうでは、ちょうどいま忙しい作業が続いているのかも知れないなあ。

マップ

茂田井宿の入口に立つ道標。そばの立て札には、こう書いてある。
「江戸時代、茂田井は望月宿と芦田宿の中間に設けられた間の宿で、文久元年(1861)和宮御下向の際は、十二軒が御弁当宿となった。現在も豪壮な構えの家が立ち並ぶ古色豊かな集落である」
どうやら、皇女和宮の行列もここを通ったらしい。
中山道は“姫街道”とも呼ばれるが、同じ江戸・京都の間でも、川の多い東海道を避けた女性の旅人が、よくこちらを利用したためだとか。

武重酒造の見事な門構え。
白い漆喰壁の蔵に注連縄のついた杉玉、屋根の上の松の枝振りもよく手入れされていて、パーフェクトな構成だ。ちょっと入りづらい雰囲気。

重なり合う甍と、連続する格子。重厚な構図だ。
白い漆喰壁に千本格子という洒落た造りの多い茂田井の民家は、鄙びた風情ながら、どこか垢抜けた装いも。間の宿として栄えた歴史が、見えないところに漂っているようだ。

歩くほどに、これでもかと言うほど次々と現れる豪壮な民家。武家屋敷を思わせる造りの家もある。
不思議なんだよなあ、こんな田舎の集落なのに…。

ここのもう一つの造り酒屋、大沢酒造のズタズタになった蔵の壁。
まだ肌寒い3月の信州の風を、どーんと無言で受け止めていた。来るなら来て見ろ。まこと、男の中の男といった心意気。

坂の上に登ると、遠くに雪の残った連山の頂きが霞んで見えた。
青い空、透明な日の光。そして、大沢酒造の門の上にも、大きな杉玉が…。誘われるように中に入る。

建物の内部は、一階が酒の工場と製品の展示場、二階が無料の民俗展示室といった造り。
あたりに漂う酒の香りに全身で浸りながら、ゆっくりと二階から見て回る。酒造りの道具や民具類が並ぶ民俗展示室は、他に人影もなくまさに貸切状態。それにしても、実にいい気分だ。
一階の製品展示場では、ここで造った酒類の他にザザ虫や蜂の子の缶詰といった、いかにも信州らしい特産品も並んでいた。
虫かあ…。この缶詰を買うべきか、買わざるべきか。買っとけば良かったと思ったのは、東京に帰ってからのことだった。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.