町並み漫歩館トップページ 小浜 時期:1986年10月11日
場所:福井県小浜市


“海のある奈良”というロマンチックなキャッチフレーズに惹かれて、やって来たのが福井県の小浜。敦賀から乗り換えた小浜線で約一時間、とっぷりと暮れた駅に着いたのが昨日の午後6時頃のことだった。

一夜明けた小浜は、朝から雨。このところ毎年、秋に旅をすると必ず雨に祟られる。腹が立ったので、コノヤロー!とばかりホテルのスリッパをベッドに投げつけ、その足で1階に降りて行き、レストランで鯵の開きの朝飯を食う。半ばやけくそだ。
傘もないので、チェックアウトぎりぎりまで部屋で粘り、思い切って10時頃ホテルの玄関を出るとあら不思議、雨は見事にやんでいた。これは、スリッパが効いたのだろうか。だが、気分はいい。
濡れた道路、雲間から見えかけた青空…。町を歩くと、うら寂しい土蔵や家々の間からは、光る海が見えた。人々の言葉にも漁港らしい荒々しさなどはなく、どことなく品がある。ここにはやはり、寂れた古都の面影が見え隠れするのだ。
マップ

雨が上がったばかりの濡れたアスファルトに、家々の影が映る。明るくなり始めた空が、笑っているようだ。
こうしてみると、旅先の雨も悪くはないなあ。

かつて遊郭街だったという三丁町を歩く。
この辺りは水上勉の小説の舞台にもなったところ。少し湿った朝の光の中に、いまも美しい千本格子や洒落た手摺などを持った、小さな家々が続く。何とも言えない雰囲気があるね。

下は紅いベンガラ格子、上は丈の低い窓、という造りの家が一般的。全体の軒高は低く間口も狭いので、表からは小さな家ばかりに見える。
だが実際は、どこも奥行きがかなり深いのだろう。ちょっとだけ、中の造りを覗いてみたい気もするが…。

二階の障子の窓には、ちょいと洒落た手摺り。道路から手の届くような近さだ。この距離感がいいんだろうね。
そこに腰掛けた粋なお姉さんから、何となく声をかけられてみたいような…。

低気圧は急ぎ足で通過したらしい。雲が切れ、嘘のように青空が広がりだした。
波も静かな小浜湾をしばし眺める。かつて大陸文化の玄関口として賑わった、栄光の日々もここにはあったと言うのだが…。

京都寺町今出川から、若狭の小浜までは二十五里(約98キロメートル)。二つの地点を若狭街道が結んでいる。昔から若狭の海でとれた鯖は、塩をふられ、この山間の道を通って京や奈良へと運ばれた。ゆえにこの街道は、「鯖街道」の異名を持つ。
小浜は、都との深いつながりの中で栄えてきた、そんな古い歴史を持つ町なのだ。そう言えば、あのとろけるように美味い奈良の「柿の葉寿司」の鯖は、ここから運ばれたものなのだろうか…?

秋の柔らかな日差しが、土壁を鮮やかな朱色に照らし出す。
上品だが、華やかで暗い過去を持つ老婆──。そんなイメージの小浜の町を象徴するような古い建物が、いま目の前にある。人が住んでいるようには見えないのが、ちょっと気がかりだが…。ま、ここで心配してもしょうがないか。
“海のある奈良”、やっぱりこれは泣かせるフレーズなんだなあ。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.