町並み漫歩館トップページ 小幡 時期:1996年5月19日
場所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡(当時)


どんよりとした薄曇りの空は、ぶらりと旅に出るには少し重すぎる色だ。
上野からJR高崎線快速電車で1時間半。高崎まで1,850円は安い交通費だが、車窓の景色も値段通りと言うべきか。驚いたのは、そこから上州福島までの上信電鉄だ。わずか30分のボロ電車の乗車賃が、590円とはまいったね。

上州福島駅でもらった地図を頼りに、そこから小幡の町へと歩く。
が、この地図がまたクセ者で、近いと思った目的地になかなかたどり着かない。30分ほど歩いてやっと「城下町小幡」の看板が見えたときには、ヘナヘナ全身から力が抜ける思いがしたっけ。変にデザイン化された地図は、よそ者には困るんだよね。出鼻にくらったストレートパンチは、ホントに効いた。
小幡は織田信長の次男、小幡藩主・信雄以来の城下町。雄川堰と呼ばれる古い水路に沿って、数件の武家屋敷がいまも残っている。今ひとつ町の印象が地味なのは、このお天気のせいだろうか。葉桜の並木が美しい静かな所だが、夏は蝉時雨がうるさそう。
マップ

雄川堰は、「日本名水百選」にも選ばれた町のシンボル。
かつては城下の名園に引き込まれ、武家屋敷を潤し、庶民の生活用水として利用された清らかな水路だ。一時期、排水などで汚れたが今は再び見直され、昔日の姿を取り戻した。

いかにも武家屋敷らしい入口、山田家の「喰い違い郭」。
大勢の敵に一度に攻め込まれないよう、鉤型に曲がった石垣が面白い。河原の石を積み上げたような造り方も特徴的だ。

桜並木に沿って、旅籠らしい造りの建物が二軒並んでいる。
二階の窓には風流な手摺り。この町に残る、数少ない古い町家と言えよう。雰囲気は悪くない。

信州屋という旅籠風商店の二階の戸袋には、「腹調丸」と大書された古い看板が…。
名前からして、どうやらこれは腹薬か。赤い提灯の絵がどこか意味ありげだ。信州屋右隣の茂木館は、現在も旅館業を営んでいるようだが。

城下町小幡の家並みを取り巻くのは、一面の農村地帯だ。
白く乾いた畑の土。丈の低い桑畑の青い葉々の向こうに、遠くマユ蔵らしい建物が見えた。ここはどうやらかつて、養蚕や製糸で栄えた土地らしい。

ここ松井家住宅は、江戸時代の名主だった家を移築・復元したもの。茅葺きの堂々たる造りで、内部を無料公開している。縁側では、何かの売り子らしい3人のオバさんが、仕事をサボり地元言葉でお喋りに熱中していた。
中に入ると内部は驚くほど広く、黒光りする梁や建具と白い漆喰壁の対比が美しい。磨き込まれた床板の艶もみごと。
座り心地の良さそうな囲炉裏には、年代ものの鉄瓶がズシリと重たげに下がっていた。室内のいたる所に潜む、深みのある陰影がいい。ちょっと住んでみたくなる、魅力的な家だ。

小幡を離れたのは午後3時頃。この季節のさわやかな青空はついに顔を出さなかった。
町歩きの記憶は、後になり時間を経てジワッと蘇ってくるものだが、その印象の濃淡が当日の天気と深く関わっているのは、間違いなさそうだ。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.