町並み漫歩館トップページ 大多喜 時期:1991年6月28日
場所:千葉県夷隅郡大多喜町(当時)


紫陽花の季節。晴れた日を選んで、ふらりと東京を発ち旅に出る。と言っても行く先は、すぐ隣の千葉県だ。
JR錦糸町駅から内房線で五井に向かい、そこから小湊鉄道・いすみ鉄道と乗り継いで、房総半島のほぼ中央部、大多喜に着いたのが炎天下の午後2時。
途中、車窓の景色は東京を離れる距離に比例して、緑の影が濃くなって行く感じ。わずか2時間ほどの移動で、こんなのどかな世界に着いてしまうなんて…。

本多忠勝が開いた十万石の城下町・大多喜は、下校中の小学生以外には人影の少ない、静かな町。
城下町らしく、防衛用に造られたカギ型の多い通りを歩くと、そこここに古い町家が点在している。どこも保存や修復がわりあい行き届いていて、なかなか感じが良い。緑が多く、ときおりウグイスの大きな鳴き声も聞こえてくるなど、雰囲気のある田舎町という印象だ。ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ…。

マップ

看板も何もないこの商家は、いったい何を商う店なのか。手掛かりは丸に「釜」と書かれたこの瓶だけ…。シンプルだが謎めいた寡黙さ、というところが良い。
[※後で調べたところ、この家は「釜屋」という屋号で質屋・金物屋を営んでいた、江沢家の住宅らしい。]

初夏の陽が頭上から照らす、大多喜のメインストリート。
蔵造りの古い商家もポツポツと点在し、どことなく懐かしい風景を形作っている。人も車も重たげな影を引きずるように、ゆっくりと動いている。

伊勢幸酒店は重厚な建物だ。二階の窓の高さなどから見て、明治期のものか。
店の正面に据えられた、置き忘れられたようなショーケース。サントリーオールドや角瓶に混じって、色褪せた人形がガラスの中から、じっと通りを見つめている。もう何年もこの姿のまま、今は覗いて見る客さえいないのだろう。

火の見櫓に古い商人宿。なんだかそのまんま、つげ義春のマンガに出てきそうな構図だ。
江戸時代創業という大屋旅館は、かつて旅館業の傍ら、フォード車を使ってタクシー業を営んだこともあるそうな。あの正岡子規も泊まったというのだが…。

正面から見ると狭くてヨレヨレの大屋旅館だが、奥は以外と深い。人は見掛けによらぬもの、だ。その日はここに投宿。
町を歩き回って汗をかいたので、晩飯の前に一風呂浴びると、生き返ったような心地になる。ああ、ビールが美味い。
しかし、障子に当たる夕日を見たのは、いったい何年ぶりだろう。庭の池に棲む鯉が水を跳ねる音が、一晩中、闇の中で聞こえた。蚊がちょっと多かったね。

翌日は朝から薄曇り。目玉焼きの朝飯を食って、9時半頃宿を出る。1泊2食付きで6000円は安い。うう〜、良い宿に泊まった朝は気分がいい。
[※その後、このページを見たという大屋旅館の奥さんからメールを頂戴した。宿泊料は少し上がったと言うことだが、いまも元気に営業しておられるのだとか。奥さん、またお邪魔したときも宜しくお願いします。]

ペリー来航の4年前、嘉永2年に建てられたという重要文化財の渡辺家は、この町を代表するみごとな商家だ。もちろんいまも人が住んでいる。
格子と白い漆喰壁とのバランスもよく、実に堂々とした姿。保存状態は良好で、入口に掛かった暖簾の、蝶をあしらった家紋も効いている。竹垣のカンナの花が咲く頃は、また一段と建物に映えるのではなかろうか。
ここが、テレビ東京の人気番組「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士を長年つとめた、渡辺包夫氏のお宅だったと知ったのは、最近になってからのことだ。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.