町並み漫歩館トップページ 近江八幡 時期:1984年5月11日
場所:滋賀県近江八幡市


東京から新幹線で米原へ出て、東海道本線の各駅停車に乗り換える。近江八幡に着いたのは午後も3時頃のこと。
初夏の強い日差しが、少し長い影を地面に落とし始めている。いかん、もっと早く東京を発てば良かったかな。いやいや、まだ日は長い…。

豊臣秀吉の甥で、一時はその後継者とも目された秀次が、安土の町を移して造ったといわれる城下町──それが近江八幡。メンソレータムの近江兄弟社や、あの近江商人の発祥地として知られる町だ。
駅からはるばる歩いてたどり着いた新町辺りには、往時そのままの商人達の本宅がずらりと並び、まるで違う時代のような佇まいを見せていた。
白い漆喰壁と時代を経た木肌の色の対比が、目にしみるほど美しい。さあ見てくれと言わんばかりの松の枝振りは、この町に住む人たちの矜持の表れだろうか。道の真ん中に立つだけで、なにか圧倒される思いがする。
ひっそりと生きている昔。物音ひとつしない今…。
マップ

中世以来、近江は神社建築などに優れた大工を輩出している。近江八幡の町造りにも、そんな大工たちの技術が活かされているのだという。
この美しい家には、どんな人が住んでいるのかな?

おお、路地裏で見つけた「近江商人発祥之地」の碑。
轟き渡るその名だが、江戸時代にこの町の商人たちは、畳表や蚊帳など地場産業を育成し、その商品を全国に流通させて財をなしたという。天秤棒を担いだ行商からスタートして、やがて「近江屋」という大店へ…。一度、商売のコツを聞いてみたいよ。

名も知らぬ通りから見る八幡山。
豊臣秀次が築いた八幡城の跡がここにある。“殺生関白”の烙印を押され、秀吉により死に追いやられた秀次だが、この町と共にその名前は永遠に語り継がれる。

誰もいない日牟礼八幡宮の境内に佇む。近江八幡の町の名もここに由来するという。
千年の歴史を誇る大きな神社で、近江商人の信仰を集めているが、「火祭り」でも有名なのだとか。

歩き続けてさすがにくたびれた。
明治橋の上からぼんやりと八幡堀を眺める。遠くに見えるのは白雲橋。この季節らしい色の夕陽に抱かれながら、草も水も土蔵も動こうとはしない。

気が付けば、黄昏が近い。最後にたどり着いた白雲橋の周りには、すっかり夕暮れ色に染まった時間が流れていた。
八幡堀の水面に映る、白い土蔵の影。ぼんやりと黄金色に霞んだ空の色…。すべてがまるで夢の中の景色のようだ。初めてなのにどこか懐かしい感じがするのも、記憶のどこかにこれとよく似た風景が、たぶんしまい込まれているせいなのだろう。
 
琵琶湖へとつながる八幡堀は、かつて物資輸送の動脈としてこの町の繁栄のシンボルでもあった。
往時はこの水面に多くの舟が浮かび、荷の上げ下ろしをする男たちの声が、威勢良く飛び交ったことだろう。傾いた陽の中、人足達に指図する親方の大きな声も響いたに違いない。じっと耳を澄ませば、そんな賑わいがかすかに聞こえてきそうな夕景が、目の前に広がっていた…。

[※近江八幡市在住の坪井さんから頂いたメールによれば、八幡堀も現在はすっかりきれいに整備され、観光客の絶えない名所になったとのこと。
坪井さんは、懐かしい近江八幡の風景を水彩画にして残し、ウェブサイトで公開されている。これはいい。それにしても絵心のある人は羨ましいね。]
〈水彩画/小さな町 静かな時間〉


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.