町並み漫歩館トップページ 大宇陀 時期:1995年5月11日
場所:奈良県宇陀郡大宇陀町(当時)


「にいちゃん、今のバスで来なはった?」
バス停の前で待ち受けていたような、見知らぬジイサンにそう声を掛けられたのが、この町との出会いの第一歩だった。
暇を持て余す隠居老人なのだろうか。誰かと話をしたくてたまらない、という表情なのだ。町について色々説明してくれると言うので付いて行き、自宅の自転車屋でお茶をご馳走になる。
それにしてもジイサン、よく喋る。長い話から解放され地図を一枚貰い外に出ると、もう今にも雨が降りそうな空模様。ああ、なんてこった、ジイサン!

榛原から奈良交通バスで、20分ほど田舎道を揺られて着いた大宇陀は、奈良県の東部に位置し、古い歴史を誇る静かな町。
人影のない表通りの両側には、「吉野葛」と書かれた暖簾や看板を下げた、大きな商家が数軒点在している。どうやらここは葛粉の産地らしい。暗い空を気にしながら、ジイサンに教えられたとおり町を歩き始める。

マップ

死んだような静けさの町。緩やかに左に折れる舗道…。
湿った冷たい風が吹き抜ける、大宇陀の表通りのあちこちには、驚くほど立派な商家が眠っていた。

万葉の昔から薬草の里だったという大宇陀。その伝統を引き継ぐように、商家の戸袋にはいまも薬の看板文字がかすかに残っている。
この町をルーツとする製薬会社には、藤沢薬品、ツムラ、ロート製薬、笹岡薬品など、驚くようなビッグネームが並ぶ。意外な町の歴史だが、もっと世間に誇っても良いんじゃなかろうか。

とうとう雨が降り出した。傘を差したオバさんが、急ぎ足で目の前を通り過ぎて行く。これが蛇の目に和服の美人なら、絵になるのだが…。
しかし、こんな日に限って天気予報は当たってしまう。

こうなったら雨宿り。逃げ込んだ「薬の館」という無料の資料館で時間を潰しながら、ついでにこの町の歴史と文化を勉強する。豪壮な薬商の家だったものを一般公開した施設だが、しかし内部は恐ろしく広い。
その広い建物を見終わっても、外はまだ雨。困っていると受付のオバ様が、備え付けのビニール傘をそっと一本くれたっけ。この町は親切な人が多いね。

民家の軒下から見た町の情景もまた様になっている。
ここで一句、「老人と 雨音のよく 似合う町」。さらに勢いを増した雨にもう一句、「うだうだと 愚痴を言いたい 宇陀が辻」。うーん、どうもねぇ…。

貰ったビニール傘を差して雨の中を歩く。
♪Just walkin' in the rain 〜。雨勢はさらに強いが、こんな町歩きもまた楽しいもの。誰もいない通りを一人でずんずん歩く。
ふと見つけた古い造り酒屋の軒下には、茶色くなった杉玉が肩を並べるように下がっていた。「五月雨や 兄弟のような 杉の玉」。雨の大宇陀は、深く記憶に残る町なのだ。
 
驚いたことに、バス停に戻る途中の路でさっきのジイサンとまた会ってしまった。よほど暇なんだな、この人。
先ほどの礼を言うと、ジイサン今度は、帰りのバスの時刻を心配してくれたっけ。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.