町並み漫歩館トップページ 佐原 時期:1991年6月29日
場所:千葉県佐原市


梅雨明けのある日、外房を回るいくつもの電車の線を乗り継いで、佐原へとやって来た。
途中、大原辺りで夕立にあったりもしたが、佐原に着いた頃には空はからりと晴れていた。夕暮れにもかかわらず、夏の陽はまだ高く強烈な輝きを保っている。ここは古い町家が多い反面、全体として整備されず雑然とした印象の町だ。

市内を流れる小野川沿いに、かつての水運で栄えた名残を思わせる古い商家が並んでいる。
中でも代表的な「いかだ焼正上」の店構えは圧巻。
船着き場の階段やしだれ柳の垂れ具合も様になり、実に風情のある景観だ。店内では、品のいい老女将がいて、佃煮の試食品に冷たい麦茶を出してくれた。いや、大変おいしゅうございました。
マップ

見るからに頑丈そうな中村屋乾物店の蔵。力士でいえば、元大関小錦といった感じか。これは相当、長持ちしそう。
窓の扉には、「勝男節(かつおぶし)」などの文字が刻まれている。

この国で古く美しい町並みが生き残るには、野生動物と同じように二つの道しかない。一つは、積極的に手当をし保存・再生する道。もう一つは、時代や開発から取り残された秘境のような場所で、ひっそりと生息する道。
佐原の町並みは、次の時代にぜひ残したい魅力を持っているんだよなあ。

江戸時代から続くという「正文堂」は、黒漆喰の見事な蔵造りの書店だ。
竜の彫り物が施された店の看板は、さらに見事。建物ともぴたりマッチしていて、日本看板史に残るまさに国宝級の逸品なのだ。いったいどんな職人が作ったのだろう?

利根川へとつながる小野川の流れ。佐原は、かつて米や醤油の集散地として、水運で大いに繁栄した歴史を持つ。立派な蔵が多いのも、そのせいらしい。
だが、無粋な電柱にスチールパイプのガードレール、護岸の石垣もブロック製では、伝統ある商家の家並みも泣こうというもの。本物の石垣の復活や電線の地中化など、やることは沢山あるはずだ。やりようによっては、倉敷や柳川のような美しい町づくりが出来るはずなのに…。

その名も「忠敬橋」のたもとにある、史跡・伊能忠敬旧宅。
全国を歩いて測量し、初めて正確な日本地図を作ったことで知られる人物だが、50歳で江戸に出るまでここで商売を営んだ。偉大なる“中高年の星”は、佐原商人でもあったのだ。

町歩きに疲れたときは、地元の店でもり蕎麦を食うことにしている。
安いわりに腹が膨れるし、消化も良い。なにより味や量、添え物のおかずなどに、地域性を感じ取れる。中には、その地方独特の変わり蕎麦などというものもあるし…。

で、入ったのが、天明年間創業という「小堀屋本店」。少し奮発してもりではなくざるを頼んだのだが、ここの蕎麦は本当に美味かった。さすが、天明年間だ。
ちなみに建物は数度の火災で焼失し、現在のものは明治23年に造られたのだという。
茶を飲んでいる隣の席では、地元の客らしいオバさんたちが、お喋りに熱中していた。
しかし、むき出しの千葉訛りは、聞いているだけで相当に強烈だ。いやいや、そのキツイこと。まあ、喧嘩してる訳じゃないことだけは、何となく分かったけどね…。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.