町並み漫歩館トップページ 白石 時期:1997年5月14日
場所:宮城県白石市


どうしてこうも雨に祟られるのか。
予報より早く、朝からパラつき出した小雨は、まるで止みそうもない。くそぉ、昨日はあんなに好い日和だったのに…。
朝飯を二杯食べ、宿泊した宮城県白石市の岡崎旅館を出たのは、午前9時頃のこと。親切な宿の女将さんに貰ったビニール傘が、せめてもの慰めだ。
これと言って特徴のない白石の町だが、所々に城下町らしい風情を宿した古い蔵などが建っている。雨の中、ぶらぶらとそんな建物を眺めながら、復元された白石城の北側にある武家屋敷通りへとやって来た。さいわい、静かな通りに人影はない。

文庫本を二冊バッグに入れ、東北新幹線「やまびこ123号」で上野駅を発ったのは、昨日の午前10時過ぎ。2時間後には白石蔵王駅に着いていた。そこからは、タクシーで市街地にある白石駅へ。とても歩いては行けない距離、と地元の人が言うから仕方がない。
しかし、新幹線と在来線の二つの駅が、こんなに離れているのはいったい何故なんだ。誰か教えてくれよ…。
マップ

着いたばかりの昼下がりの白石駅。この陽気が、翌日も続けば良かったのだが…。

暇そうなタクシーが、のどかな東北の地方都市を感じさせる。シンボルのように立つのは、この地の城主・片倉家の紋をあらわす釣り鐘。この後、駅前のうーめん屋で食べた冷えたモリは、さっぱりと美味かったなあ。

降り続く雨。白石女子高から沢端川沿いにのんびり歩くと、後小路の閑静な武家屋敷通りに出る。川の水量は豊かで、清らかな流れには鯉の泳ぐ姿も…。
川にかかる幾本もの橋は、それぞれの屋敷の玄関へとつながっている。この風景は藩政時代のものと、そう変わってはいないはずだ。どことなく心が落ち着く。

道の反対側の管理事務所で料金を払い、県指定文化財の旧小関家屋敷に入る。この町で数少ない、江戸期の姿を最もよく残した武家の住居だとか。
今は手入れの行き届いた公開施設だが、雨のお陰か他に客の姿はない。こんなときは雨もいいものだ。

主屋は270年近く前の建物だという小関家。質素な土壁に茅葺きの屋根は、なかなかのグッドデザインだ。
美しい庭を眺めながら、この囲炉裏を囲んで気の置けない友と酒が飲めたら、どんなに楽しかろう…。

伊達家の家臣、片倉家一万八千石の小さな城下町・白石。
初代は片倉小十郎景綱といい、その昔のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』では、主演の渡辺謙・伊達政宗に仕える忠臣として、西郷輝彦が演じていた。
今では、城下町らしい家並みをすっかり失ってしまった白石だが、ここ後小路の川沿いの通りだけは、往時の面影を残しているようだ。

まるで森の中のように緑溢れる庭に、立派な白壁の土蔵が立っている。
そう古いものではなさそうだが、周囲の景観によくなじみ、かつての時代の雰囲気をそのまま漂わせている。さらに、静けさを際立たせる流れの音…。羨ましいほどの贅沢な時間が、いまここをゆっくりと通り過ぎて行く。
それにしても、毎日あの橋を渡るこの家の居住者とは、いったいどんな人たちなのだろう。きっと和服なんかが、ビシッと似合うんだろうな。

後小路の武家屋敷群を見た後は、いよいよ白石城に登城。
巨額の工事費をかけ、2年前に再建されたという天守閣は、この町のシンボルとして立派に甦った。鉄筋コンクリートではなく桧の柱を使った本格的建築です、と管理のオヤジが胸を張ったっけ。ハハーッ。
城の内部を見終わり外に出ると、雨は上がり始めていた。
市街地に戻り、ここの名産・白石うーめんの販売店で、土産を選んで発送。あれこれ質問したせいか帰りしな、店の女の子が試食用にといろんな種類のうーめんやうどんを、ドサッと袋に入れてくれた。これはサービスがいいのか、個人的な親切なのか…。後者だと思いたい。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.