町並み漫歩館トップページ 栃木 時期:1986年11月23日
場所:栃木県栃木市


よく晴れた11月のある日、買ったばかりのニコンF501を肩に下げ、浅草から東武電車に乗り栃木市を訪れる。
肩ひもに掛かったマシンの重さが心地良い。一眼レフ、オートフォーカス。まあ、今日はカメラの試し撮りという奴だ。

やわらかな晩秋の日差し。巴波川沿いに建つ、対岸の商家の白い壁がひどく眩しい。八つの蔵が続く巨大な建物は、もとは材木問屋だという塚田記念館だ。往時はこの川面を、きっと多くの材木が埋めていたことだろう。
黒板塀がどこまでも長い川沿いの道を、和服の美人でも通らないかと待つが、まるで人影がない。肥った鯉が、水面近くをゆうゆうと泳いでいるばかり。やっぱり無理だよなあ、バシャッ。諦めて押したシャッターの音が、ばかにシャープに鼻先で響いた。
マップ

“蔵の街”として知られる栃木は、巴波川の舟運で栄えた歴史を持つ。
いまも町なかには、至るところに堅牢そうな土蔵が点在する。だが、近代化という名の破壊者と、どう折り合いが付けられるのか、“蔵の街”に与えられた宿題は多い。

栃木は、天正年間に城下町として生まれたが、間もなく城主は改易され、その後は商都としての道を歩む。江戸時代には、例幣使街道の宿場町としても栄えた。
この土蔵の白い壁には、ローマ字で“marui”と書かれた消えかかったマークが…。不思議な取り合わせだが、妙に似合っている。

横山郷土館として一般公開されている横山家。
元は麻苧を商った問屋で、銀行を併設していたという。右左には大谷石造りの同じ形の蔵を付き従える、シンメトリーの構図。ちょっとお洒落なレイアウトだ。

“蔵の街”と呼ばれる栃木だが、古い洋館もまた多い。
裏通りに忽然と現れた栃木病院は、エキゾチックなデザインや柔らかな色彩など、患者の心を癒してくれそうな佇まいだ。看板の文字も右から左へと書いてある。ふと、中を覗いてみたい誘惑にかられた(注射はイヤだが)。

路地裏で見つけた、珍しい蔵造りのアパート。いかにもこの街に似合った風景ではある。
懐かしく温かい日常の匂い…。住み心地はどんなものだろう? ここでどんな夢を見られるのだろう?

北関東の青い空に、古びた土蔵の陰はよく似合う。それはまた、この街の土蔵が大火との闘いの末に生まれた、という証でもある。どんな歴史が、そしてどんな人の声が、その中にしまい込まれているのか…。
傾き掛けた晩秋の日差しの中で、開け放たれた二つの窓が、まるで巨人の両眼のようにじっと虚空を見つめていた。
 
帰りがけ、「油屋傳兵衛」という暖簾の掛かった店に入り、名物だというこんにゃく田楽を食べる。隣接するのは味噌工場。なるほど、こいつは良い。
運ばれてきた、たっぷりと味噌の乗った大きなこんにゃくは、風に吹かれて冷えた体に温かく美味かった。
ふと見ると、店の壁にはなぜか森昌子の大きな写真が。そうか、そう言えば彼女もこの県の産だったよな…。噛み砕いたこんにゃくを呑み込みながら、やっとそれに気が付いた。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.