町並み漫歩館トップページ 富田林 時期:1986年5月12日
場所:大阪府富田林市


口紅を付けた女子生徒もちらほら混じった、通学の高校生で満員の朝の近鉄南大阪線で、橿原から古市に出る。そこから長野線に乗り換え、午前9時頃に富田林の駅に着く。
駅前の喫茶店でコーヒーを飲むが、なにか周りはガラの悪い客が多い。河内言葉のせいでそう思えるのか、実際のここの土地柄なのか、どうもちょっと怖いところに来てしまったようだ。ブルル…。

興正寺の寺内町として発展した富田林は、いまも江戸時代の雰囲気を濃厚に残した家並みを持っている。
東西南北に走る格子状の通り。その臍の部分に現存する城のような大寺。それらはこの町が一向宗の門徒により、きちんと計画的にデザインされたことを物語っている。
陽の強い通りを歩くと、家々の繊細な格子や板壁の落ち着いた色彩が醸し出す、陰影のあまりの美しさに思わず惹き込まれる。本当は良いところなんだろうな、ここはきっと…。
マップ

「水」という字が彫り込まれた石桶。現在、使われているようには見えないが…。
これはかつての生活用水か、それとも防火用? 格子を支える鉄棒の、蛇のように曲がったデザインが洒落ている。

電柱さえなければ昔そのまま、といった雰囲気の通りを歩く。
家々の格子や板壁、軒裏などにひそんだ、ディテールを探すのは楽しい。すべての形は、機能を満たすため生まれたのだ。誰にも気付かれない美しさが、日常の中に転がっている。

寺内町・富田林のシンボルとも言うべき興正寺別院の鐘楼。
豪壮な寺は、城の門筋と堺筋の交差点にあるが、昔の権勢を思わせるように、いまも存在感のある姿を誇示している。

せまい路地に面した、格子の美しい中井家。
日当たり良好で、庶民的な生活感の漂う空間だ。玄関先に咲いた紅い花の鉢植えが、この家に良くマッチしている。19世紀後期の建物だという。

葛原家の三階蔵は、まるで城郭のよう。白い漆喰壁を輝かせながら、青空に向かってぐいと伸びている。それにしても本当に、豪気な町家の多いところだ。
町の写真を撮るとき一番困るのは、被写体のすぐそばに車が停まること。
動かすわけにも行かないし、運転手が戻ってくるのをじっと待つしかない。こんなときは本当に腹が立つ。まあ、こちらの勝手な都合なんだけどね…。で、この和泉ナンバーの車は、居座ったままついに動かなかった。

強い日差しに、道路のアスファルトも溶け出しそう。
碁盤目状にどこまでもまっすぐに伸びた富田林の白い通りは、町歩きするには見通しが良くとても便利だ。複雑に設計された城下町などの道筋と違い、商人の町らしく合理的に出来ている。
豪勢な邸宅や蔵の多さに圧倒されながら、1時間以上も歩き続けて、すっかり汗をかいてしまった。板壁の木肌の色と櫺子格子、それらが織り成す光と影。どこを向いてもここは美しい。
富田林は、一向宗門徒のエネルギーが町造りという形で結晶化したような、ミラクル・タウンなのだった。

気分はひどく満足。予想以上の収穫と言ってもいい。さいわい、怖い河内のオッサンにも会わずにすんだものな…。
ここで見た景観の美しいイメージを壊さぬよう、以後しばらくテレビでは、コテコテの関西系お笑いは避けることにするか。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.