町並み漫歩館トップページ 登米 時期:1997年5月14日
場所:宮城県登米郡登米町(当時)


東北本線の寂しい電車に揺られて仙台から小牛田にたどり着き、気仙沼線に乗り換え柳津と言う無人駅で降りる。遅い午後。そこから登米の町までタクシーをとばすと、着いた頃には重い色の雲からポツポツ雨が落ち始めた。
運ちゃんの言葉によれば、これは正月以来の雨だとか。ああ、何と言うこと。みんなおいらが悪いのか…。
その夜の宿を、ひっきりなしの無情な雨音が包んだ。
 
幸いにも15日の朝には、雨はきれいに上がっていた。神様、有り難う。泊まった宿に荷物を預かってもらい、カメラを持って朝の町に出る。
店蔵の白い漆喰壁がまぶしい商家もあれば、堂々たる武家屋敷も多い。明治期の庁舎などもしっかりと残っている。小さな地域の中に、色々な時代の色々な建物がいっぱい詰まった登米は、ミニチュアセットのような不思議な町だ。
車や人の通りもひどく少なく、町歩きには理想的な条件が揃っている。はるばるやって来た甲斐があった、というものだ。「当たり〜!」の声がどこかで聞こえた。
マップ

立派な蔵の多い登米の町の中でも、秀逸は「鈴彦」の蔵。大きすぎて、カメラのフレームに収まらないほどだ。
何の商売の店かは分からないが、看板のデザインにもう一工夫あればと惜しまれる。

明治22年に建てられたという旧登米警察庁舎は、いま県指定の重要文化財で展示施設。
この写真を撮っていたら中に呼ばれ、ついふらふら入ってしまう。内部では留置場や資料室など、親切な係りのオバサマがマンツーマンで案内してくれた。

所々に見事な店蔵が点在する登米の商店街。どの蔵も白い漆喰壁がよく手入れされていて、この町が美しく勢いのあった頃を、何となく偲ばせる。
しかし、「海老○○」という屋号がここに多いのは何故だろう?

武家屋敷通りには、家ごとに様々な形の古い門が残っている。ここは、まるで門の品評会のよう。
身分の高低、保存状態の良悪、金の有る無し…。それぞれの事情を物語る種類の多さは、見て回っても飽きが来ない。こういう町も珍しい。むろん、今でも立派に人が住んでいるのだ。

町のすぐそばを、静かに流れる北上川。登米という地名の由来は、かつてここから舟で米が登ったからだという。
舟運の基地として栄えた歴史の痕跡が、いまもこの町のいたる所に残っている。

武家屋敷群や商家の様々な店蔵、明治期に建てられたという旧庁舎に、尋常小学校の旧い校舎など、ゆっくり見て回ると半日はあっという間に過ぎていた。
しかし、これほど古い建物が一つの町の中で、密度濃く点在しているところも珍しい。しかもその全てが、この登米の町の自然な風景の一部なのだ。
誰もがのんびりと静かに、それらに溶け込んで生きている。観光客を集めてそれで食おう、という妙にガツガツした姿勢が見えないのがいい。

最後に訪ねたのは、「懐古館」という小さな歴史資料館。
展示場を一回りした後、何気なく受付の女性に帰りのバスの時刻と料金をたずねると、バス会社に電話までして調べてくれたっけ。そこまで頼んだわけじゃないのになあ。でもこの親切が、旅のいちばんの思い出になる。
アリガトウ、登米の人たち。
何もかも当たりだった、今度の旅。土産に持ち帰った名物の油麩と青葉屋のせんべいも、ともに「当たり〜!」だった。


〈次の行き先〉
トップページ近江八幡喜多方有松 | 足助 | 海野富田林五條長浜小浜熊川栃木望月茂田井横手角館大多喜佐原越前大野郡上八幡亀山松阪大宇陀小幡稲荷山須坂白石登米

掲載された文章・写真を無断で転載・流用・改竄することは出来ません。
Copyright 2012 Toshiaki Jojima. All rights reserved.